作品‎ > ‎

2010/09/14 テトラ一輪挿し(タタラづくり)

直径約12cm、高さ約10cm
タタラ作り
信楽白土、弁柄下絵、石灰透明釉、酸化焼成
2009年12月

ボディが三角錐の形をした小ぶりの花器。以前牛乳などのパッケージに使われていたテトラパック(テトラ・クラシック)と同じ四面体構造なので「テトラ』と名付けています。本家の方はもう製造されていないそうですが。

基本的な作り方もテトラパックと同じで、長方形に切ったタタラで円筒形を作り、二つの開口部を互いに90度になるように閉じます。これで四面体ができるので頂点の一つを切って口を取り付けます。ここでは正確な型紙を作らずフリーハンドで長方形をカットしているのでできあがりが正四面体ではなくいびつな形になっています。

2010/09/14


Comments